教育研修制度|KKR北陸病院|看護部|石川県金沢市

教育制度

education

  • TOP
  • 教育制度

当院の看護教育のご紹介

「“すこやか”であるために⼼をこめて応援します」を看護のモットーとして、看護師⼀⼈ひとりが、患者により良い看護を提供できる、知識、技術、態度が⾝につくように教育体制を整えています。
教育体制の基本は、連合会病院共通の実践能⼒向上を⽀援するためのキャリア開発プログラム「KKRキャリアラダー」を使⽤しています。
更に、当院のオリジナリティーを加え、確実なキャリアアップを⽀援できる体制としています。

教育⽬的

  1. 患者中⼼の看護ができ、倫理観あふれる専⾨職者の育成と⾃⼰実現への⽀援。
  2. 病院理念・看護部理念を踏まえ、組織の⽬標の達成に貢献し得る能⼒開発の⽀援および育成を⽬指す。

教育担当者からのメッセージ

⾒出しが⼊ります。⾒出しが⼊ります。
⾒出しが⼊ります。

教育担当者からのメッセージが⼊ります。教育担当者からのメッセージが⼊ります。教育担当者からのメッセージが⼊ります。教育担当者からのメッセージが⼊ります。教育担当者からのメッセージが⼊ります。教育担当者からのメッセージが⼊ります。教育担当者からのメッセージが⼊ります。教育担当者からのメッセージが⼊ります。教育担当者からのメッセージが⼊ります。教育担当者からのメッセージが⼊ります。教育担当者からのメッセージが⼊ります。教育担当者からのメッセージが⼊ります。教育担当者からのメッセージが⼊ります。

教育担当者の名前
教育担当者

当院のキャリアラダー

当院では、キャリアラダーに沿い、経験年数ではなくレベル別の教育を⾏なっています。

主な院内研修
  1. CNI

    • 看護観レポート
    • 6ヶ⽉フォロー
    • 3ヶ⽉フォロー
    • 新採⽤者集合研修
  2. CNII

    • リーダーシップ研修
    • 看護観レポート
    • 緊急時ロールプレイ
    • 看護の振り返り
      グループワーク
  3. CNIII

    • リーダーシップ研修
    • 事例検討会
  4. CNIV

    • ⽬標管理研修
主な院外研修
    • 新規会員研修(県)
    • 接遇研修
    • 倫理研修(中央)
    • リーダー研修
    • 臨床実習指導者研修
    • ファーストレベル研修(県)

専⾨・認定看護師のご紹介

認定看護師とは、特定の看護分野において、熟練した看護の技術や知識を⽤いて⽔準の⾼い看護を実践のできる看護師のことです。
当院には、数名の認定看護師がいます。
認定看護師の紹介・メッセージを掲載しております。
ぜひごらんください。

詳しくみる

新⼈研修

新⼈ナースの年間教育スケジュール

当院の新⼈教育は、安⼼して学習・成⻑できるような環境が整っています。
プリセプター制度を導⼊しているので、不安や質問がとてもしやすい環境です。

新人研修を受講するに当たり注意事項
研修日 日程表を参照
研修時間 日程表参照
  1. ・変更時は月担当の当番に連絡します
  2. ・開始5分前に集合
  3. ・研修の空き時間は病棟別課題や、新人看護師ファイルのチェック、オンデマンド受講後のテストなど有効に活     用してください。
  4. ・研修時間内のトイレ休憩は、各自で適宜取る
必要物品
  1. ・研修時の服装は原則白衣を着用
  2. ・研修日程表(別紙)及び、新人のファイルを持参
  3. ・資料を閉じるファイル(厚め)を各自で準備し、配布された資料を保管する。
  4. ・名札には若葉マークを1年間つける
当番の役割
  1. ・研修当番の方は出席と、準備、後片づけ、戸締り、連絡係
  2. ・オンデマンド視聴研修はパソコンの準備(部長室から)
その他
  • ・4月13日(金)は19時から看護師会総会、親睦会を予定しています。
  • ・入院体験(1泊)は当日 16:00~翌日9:00まで研修します。
       入院体験は手順を確認してください。病棟の空きベットの関係で、急に予定が変更になる可能性もあります。
       体験後1週間以内に感想文1枚を師長に提出してください。
  • ・里帰り研修は手順を確認し、事前に師長と6月の勤務表に予定を入れて下さい。
       里帰り研修後1週間以内に感想文1枚書き、師長に提出してください。
  • ・補助者研修は、各病棟師長に相談して日程調整を行う
  • ・レポートは、表紙は不要です。右上に所属と氏名、提出日を記載してむださい。
      (原則A4 1枚で提出)

病院見学・資料請求・エントリーENTRY

当院であなたの看護師としての
夢を叶えませんか?
あなたのことをお待ちしています。