お電話でのご予約076-243-6888

平日 午前9:00〜午後5:00

子宮がん検査について

子宮がん検査

子宮がんは子宮にできる悪性の腫瘍ですが、発生する部分により「頸がん」と「体がん」の2種類があります。日本人では子宮頸がんが多く、子宮体がんは多くありませんが、最近は増える傾向にあります。

頸がんは、子宮の入口の部分にできるがんです。一般的に子宮がん検診は、頸がんの検診を指します。頸がんは、初期段階の自覚症状がないため、検診は非常に大切です。 体がんは、子宮の奥の部分にできるがんです。体がんは、早期の段階で出血することが多く、不正性器出血で発見される方が90%を占めます。少量でも出血があれば、すぐに医療機関を受診することで、早期発見が可能です。 頸がんの検診を行っています。集団検診と施設検診の2つがあります。検査方法は細胞診と言い、子宮頸部を綿棒などでこすって細胞をとります。ほとんど痛みやかゆみ等を感じることはなく、検査は1人10分程度です。

人間ドック・検診をお考えの方

病気ではないと思っていても、一度受診することをおすすめします。
生活習慣病や癌の早期発見につながるかも知れません。

  • 電話・FAXからのお申込み

    TEL.076-243-6888

    予約可能時間 平日 午前 9:00 〜 午後 5:00