• 背景色
  • TEL

    電話

  • TEL

    メニュー

  • 受付時間8:30~12:0013:00~17:00
  • 診療時間9:00~12:3013:30~17:15
    ※各診療科ごとに診療時間が異なる場合がございます。
  • 休診日土日祝祭日、年末・年始(12月29日~1月3日)
  • 面会時間7:00~20:00076-243-1191
  • 受付時間8:30~12:0013:00~17:00
  • 診療時間9:00~12:3013:30~17:15
  • 休診日土日祝祭日、年末・年始(12月29日~1月3日)
  • 面会時間7:00~20:00

病気のお話・健康コラムAbout Diseases ・ Health columns

原発性アルドステロン症(2)

疾患概念

2006年7月から、当院の健康管理センターでは、人間ドックを受診して高血圧を指摘された方に同意の上で、金沢大学との協同で、原発性アルドステロン症のスクリーニングを行なって参りました。まだ途中経過ですが、その一部の集計結果が出ました。 2006年7月から2007年3月までのあいだに、人間ドックでスクリーニングを行なった315名の方のうち、血中アルドステロンと血漿レニンの採血結果から原発性アルドステロン症が疑われたのは54名(17.1%)でした。 このうち、精密検査のために当院を受診された方は18名(33.3%)と3分の1程度でしたが、外来で行なえる簡単な検査の結果、原発性アルドステロン症と確定診断された方は12名(陽性率66.7%)もいらっしゃいました。

すなわち、人間ドックのスクリーニングで原発性アルドステロン症が疑われた方は、3分の2という高い確率で本当にこの疾患であったわけです。(下図)

疾患概念

これらの結果を論文の形として報告しました。 Prevalence of primary aldosteronism among prehypertensive and stage 1 hypertensive subjects (Hypertension Research 2011 34, 98-102)

現在、血圧がそれほど高くなくても血中アルドステロンが高いと、近い将来、血圧が上昇してくることが報告されています(N Engl J Med 2004; 351: 33)。

たとえ血圧が正常範囲であっても、血中アルドステロンが高いと心臓などの臓器障害を起こすことも示されています(J Clin Endocrinol Metab 2005; 90: 5070)。 そして、抗アルドステロン薬の内服が心不全の予後を著しく改善することが示されています(RALES試験:N Engl J Med 1999; 341: 709)。

したがって、原発性アルドステロン症は出来るだけ早期に診断して、早期に治療を行なうことが大切なわけです。 人間ドックのスクリーニングで原発性アルドステロン症が疑われた方は、当院の内科外来でカプトプリル負荷試験などの精密検査を簡単に行なえますので、是非とも外来を受診されることをお勧めいたします。

一覧に戻る