病院案内
トップページ >> 来院される皆さまへ >> 健康管理センター

健康管理センター

人間ドックの勧め

人間ドックは、かくれた慢性疾患や種々の病気を早期発見し、早期治療することを目的としています。 これは、あたかも大海原を航海する船舶が帰港すると、ドックに入り点検修理して次の航海の安全を期するのと同様に、人生航路におけるドック入りにたとえて人間ドックと呼ばれています。
『健康診断』は、全身の健康状態をチェックする目的で行われるものですが、職場健診や住民健診ではチェックする項目はかなり限られています。それに対して『人間ドック』は、個人の判断で受ける精密な健康診断です。一般的な健康診断よりも充実した検査が受けられ、たとえば北陸病院・健康管理センターの1泊2日ドックの検査項目は70項目以上です。
さらに、ある特定の臓器を対象にしたオプション検査も多数あります。循環器疾患では心臓(冠動脈)CT検査、BNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)検査、頭部MR検査などがオプションとして選択できます。これらの検査により体に負担をかけずに、冠動脈狭窄病変や心不全、脳動脈瘤、無症候性脳梗塞などが偶然見つかり、早期に治療を受けることができます。消化器やその他の臓器の癌に対してはピロリ菌検査、マイクロアレイ検査、アミノインデックス、胸部や腹部CT検査、前立腺エコー検査、マンモグラフィー(乳癌)検査、HPV(ヒトパピローマウィルス)(子宮癌)検査などがあります。その中でも、マイクロアレイ検査やアミノインデックスは採血のみの検査ですが、胃や大腸、膵臓、胆管など消化器の癌細胞に対する生体の反応を遺伝子レベルで測定することで、早期に癌を発見したり、血液中のアミノ酸濃度を測定して健康な人と癌のある人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、消化器癌や前立腺癌、乳癌、子宮癌、卵巣癌などのリスクを予測したりする検査です。
わが国の3大死亡原因は、癌、脳卒中、心臓病です。癌はなによりも早期発見が大事です。脳卒中や心臓病は、一度発症すると死に直結する可能性が高いだけではなく、生活の質を著しく落としてしまいます。脳卒中や心臓病の発症には、高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症、喫煙などの生活習慣病が深く関わっています。人間ドックで、これらの生活習慣病を早期に発見し、適切な治療や生活指導を受け、脳卒中や心臓病を予防することが何より大事です。

当院の人間ドックを受診していただくフロアは人間ドック専用フロアです。 また、3階フロアには女性専用休憩室をご用意しており、女性だけでごゆっくりお待ちいただけます。1泊2日ドックの宿泊は市内のホテルで、食事のメニューも充実しており、ゆっくりと日頃の疲れを取ることができます。さらに、毎年1月から4月の比較的受診者数の少ない期間は、個人の人間ドック料金は割引になっていますので、この機会に是非ご利用下さい。
また、当院の健康管理センターの特色として、正常高値血圧や高血圧の方に同意を得たうえで、無料で原発性アルドステロン症のスクリーニングを実施しています。原発性アルドステロン症は、以前は低カリウム血症を伴う高血圧症と考えられていたため、高血圧症の0.5%未満と稀な疾患とされていました。しかし、低カリウム血症の人はむしろ少ないことが明らかとなり、正常カリウム値の高血圧症についても調べたところ、高血圧症の5〜15%にもおよぶ非常に多い疾患であることがわかってきました。
原発性アルドステロン症のスクリーニング検査は、普段は中等症〜重症高血圧で行われることが多く、これまで軽症高血圧や正常高値血圧ではほとんど調べられていませんでした。しかし、当院の健康管理センターでのスクリーニングによって、これまで見逃されていたと思われる、正常血圧の原発性アルドステロン症(NormotensiveまたはSubclinical primary aldosteronism)の人がかなりいる可能性が示されました1, 2)。気になることがございましたら、お気軽にご相談下さい。

1) Yuji Ito, Ryoyu Takeda, Shigehiro Karashima, Yasuhiro Yamamoto, Takashi Yoneda and Yoshiyu Takeda. Prevalence of primary aldosteronism among prehypertensive and stage 1 hypertensive subjects. Hypertension Research 2011; 34: 98−102.
2) Yuji Ito, Ryoyu Takeda and Yoshiyu Takeda. Subclinical primary aldosteronism. Best Practice & Research Clinical Endocrinology & Metabolism 2012; 26: 485-495. 

循環器内科部長 / 健康管理センター長  伊藤 裕二

 

人間ドックメニュー

がんや循環器疾患の早期発見はもちろん生活習慣を改善して「暮らしに生かす人間ドック」です。

健康診断

皆さんの健康保持増進のため一時健診としての健康診断のご案内です。

がん健診

ドック・健診のオプションとして胃がん・肺がん検診を行っています。乳がん、子宮がん検診は単独でも行っています。

オプションメニュー

がん健診の他にも、心臓CTや頭部MRI、ピロリ菌検査、骨密度検査、腹部・胸部CTなどを受けることができます。

検診前後のご注意

検査の前日までにご用意いただくものや検査後のご注意頂きたい事柄についてまとめています。

検査の流れ

人間ドック・健診当日の検査の流れをご紹介します。諸注意を掲載しています。ご参照ください。

フロア紹介

人間ドック・健康診断をうけていただくフロアについてご紹介しています。

検査後フォロー

メタボリックと診断された方の「保健指導」や、健診の結果、要検査の方のフォローを行っています。

人間ドック・健診Q&A

人間ドック・健康診断について質問とお答えをまとめています。検査内容や問診について、よくある質問へのお答えとなっています。

お申し込み

人間ドック・健康診断に関するお問い合わせ・お申し込みはこちらよりお願いいたします。