診療科・部門
トップページ >> 診療科・部門 >> 消化器内科

消化器内科

スタッフ紹介

副院長 増永 高晴 (ますなが たかはる)
出身地 石川県
出身大学 新潟大学
科目 内科・消化器内科
資格

日本内科学会認定医、日本内科学会総合内科専門医、
日本消化器病学会専門医、日本消化器病学会北陸支部評議員
日本消化器内視鏡学会専門医指導医、
日本消化器内視鏡学会北陸支部評議員
日本内科学会北陸支部評議員
日本静脈経腸栄養学会認定医
ICLSインストラクター、日本肝臓学肝臓専門医、医学博士

所属学会 日本内科学会、日本消化器病学会、
日本消化器内視鏡学会、日本肝臓病学会、
日本静脈経腸栄養学会
ひとこと 消化器内科医として消化管(食道、胃、大腸)や肝臓、胆嚢、胆管、膵臓におこる疾患を担当しています。あきらめず、粘り強く、親しみやすくをモットーにしています。ガイドラインや医学的根拠に基づいたスタンダードな診断と治療を基本とし、患者様個々の要望を柔軟に取り入れる診療を心がけています。最新の治療から裏ワザ的治療まで、幅広く情報提供していきます。内視鏡検査では、常に最新の検査技術を取り入れ、正確かつ安全でできる限り苦痛の少ない検査、治療を心がけています。
 

 

消化器科 医長 坂下 俊樹 (さかした としき)
出身地 石川県
出身大学 旭川医科大学
科目 消化器内科
資格 日本内科学会認定医、医学博士
所属学会 日本内科学会、日本消化器病学会、
日本消化器内視鏡学会、日本肝臓病学会
ひとこと 消化器内科では消化管(食道、胃、腸)、肝臓、胆嚢、胆管、膵臓等の病気を担当しております。食欲がない、胸やけする、おなかが痛い、便が黒い、体が黄色いなどの症状の方や症状がなくても検診で異常を指摘された方はぜひ受診してください。もちろんそれ以外の内科の病気の方もお気軽にご相談ください。できるだけわかりやすく、丁寧な診療を心がけていきたいと思っております。
 

 

内科 医長 武藤 綾子 (むとう あやこ)
出身地 神奈川県
出身大学 金沢大学
科目 内科・消化器内科
資格 日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医、
日本消化器内視鏡学会専門医
所属学会 日本内科学会、日本消化器病学会、
日本消化器内視鏡学会、日本静脈経腸栄養学会、
日本消化吸収学会
ひとこと 症状、悩みや不安などの訴えに真摯に耳を傾けること、丁寧に説明することを心がけています。
胃や大腸の検査も担当しています。少しでも抵抗感なく検査を受けていただき、病気の早期発見や診断治療につなげられるよう努めています。
 

 

顧問 篠崎 公秀 (しのざき きみひで)
出身地 静岡県
出身大学 金沢大学
科目 内科・消化器内科
資格 日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医
日本肝臓学肝臓専門医
日本消化器内視鏡学会専門医、日本医師会認定産業医
医学博士
所属学会 日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、
日本肝臓病学会、日本膵臓学会、日本超音波医学会
日本循環器病学会、日本腎臓学会、日本老年病医学会
ひとこと 当院の理念である「地域の皆様に親しまれ、信頼される病院」を目指し、『健やかであるために心をこめて応援します』をモットーにしています。専門は消化器内科ですが、内科全般の知識収集に努め、疾患の本体を見誤らないよう心がけ、皆様に納得していただける診療を行っています。
 

 

外来診療

 
午前 篠崎
第1・3・5 武藤
篠崎 武藤
10:30〜 坂下
増永 篠崎
午後 増永
武藤
13:30〜15:00 坂下   坂下 増永

 

対象疾患、検査・治療法など

消化器内科では、下記の検査、治療法等により、消化管、肝臓、胆嚢、膵臓における疾患全般の診断、治療を行っています。

内視鏡検査

■上部内視鏡検査(GTF)
■全大腸内視鏡検査(TCF)
■S状結腸内視鏡検査(SF)
■内視鏡的逆行性胆道膵造影(ERCP)

特殊内視鏡検査

■超音波内視鏡検査(深達度診断、粘膜下腫瘍の質的診断)

内視鏡治療

■上部・下部消化管出血に対する止血術
■ 内視鏡的ポリープ切除術・内視鏡的粘膜切除術(EMR)
■ 食道静脈瘤硬化療法(EIS)
■ 食道静脈瘤結紮術 (EVL)
■ 乳頭切開術(EST)または乳頭拡張術による内視鏡的総胆管結石除去術

造影検査

■胃透視
■注腸
■小腸造影
■ TCFを用いた逆行性回腸造影

超音波検査

腹部及び甲状腺超音波検査

超音波を用いた検査・治療

■肝生検
■肝腫瘍生検
■肝癌に対するエタノール注入治療(PEIT)
■閉塞性黄疸に対するエコー下経皮的ドレナージ術(PTCD)
■高度胆嚢炎に対するエコー下経皮的ドレナージ術(PTGBD)

その他の特殊治療

■肝癌に対して皮下埋込み型動注ポートを用いた持続的肝動注療法

放射線学的検査・治療(金大放射線科医師に依頼)

■ヘリカルCT
■腹部血管造影
■ 肝癌に対する肝動脈塞栓術(TAE)

核医学的検査(金大放射線科医師に依頼)

■肝スキャン
  (従来のスズコロイドを用いた肝スキャンと肝予備能を判定する糖タンパク受容体肝スキャンも可能)
■肝胆道スキャン
■消化管出血スキャン
■ 蛋白漏出スキャン
また、当院血液浄化センターとの連携により、劇症肝炎に対する血漿交換(PE)、黄疸に対する血液吸着療法(PA)、重症膵炎や劇症肝炎に対する持続的血液透析濾過(CHDF)、難治性潰瘍性大腸炎に対する顆粒球吸着療法も行っています。